薄毛に悩む女性のためのケア|発毛を促す方法

女の人

代表的な薬

頭

薄毛を改善できる薬としてaga治療薬があり、代表的なものはプロペシアです。プロペシアは効果が実感できるようになるまでに半年ほどかかりますので、継続的に服用する必要があります。ミノキシジルも効果が認められており、病院で処方を受けることができます。

詳細を読む

30代の変化と原因

笑顔の中年女性

女性が薄毛を気にする年代は30代です。実際に女性は30代になると髪の細毛化やハリの低下や皮脂の分泌の増加が見られるようになり薄毛を気にする人が増えてきます。20代や10代の頃とは異なる変化が髪質や頭皮に表れ始めるというわけです。こうしたことが起きる原因はいろいろなものがありますが、その対策として育毛剤を使用するという点では共通です。そのため、薄毛対策には育毛剤を使用することです。ただし、女性の薄毛と男性の薄毛は症状も原因も異なりますので、女性は男性用ではなく女性用育毛剤を使いましょう。選ぶポイントとしてはイソフラボンなどの女性ホルモンと似た効果を発揮する成分が配合されていることです。髪の毛と女性ホルモンは密接な関係があります。

毛髪とホルモンは非常に密接な関係があります。これは出産を経験した女性はよくご存知のことです。出産した後は女性ホルモンのバランスが乱れやすくなりますので、それによって髪の毛が薄毛になったり、髪質にハリがなくなることに直面することがしばしばです。このように、ホルモンと髪の毛にはコインの裏表のような関係性を持っているのです。そして、30代からこのホルモンが減少する傾向があります。髪質が気になったり毛髪量が気になるのが30代からというのはこうした理由があるからです。したがって、30代前半から女性ホルモンの分泌を促す育毛剤を使用して対策をする必要があります。もちろん、30代になってから急激に減少するわけではありませんし、個人差もあります。

髪のボリュームが気になる

女の人

女性の抜け毛の原因は、生活習慣の乱れ、間違った頭皮ケア、ホルモンバランスの崩れなどがあげられます。規則的な生活を送り、頭皮ケアや、ホルモンバランスを整える食事などを生活の一部として習慣化することで、今後も健康的な美しい髪を手に入れることができるかもしれません。

詳細を読む

髪のお悩み解決法

医者

近年では薄毛に悩む人が増えています。市販の育毛剤などで効果が上がらない方も多いのではないでしょうか。実は、皮膚科で薄毛治療が行えます。保険診療の範囲内であれば金銭的なメリットもあり、最先端の薄毛治療を行える医療機関も選ぶ事が出来て人気があります。是非一度検討してみてください。

詳細を読む